平成30年度中小企業施策について

2017.09.25

[中小企業施策] 

01_6-1

 既にご承知の方もいらっしゃるでしょうが、来年度(平成30年度)の中小企業施策に関する国の予算概要が8月に公表されています。

 国政選挙などを控えているため、多少の変化の可能性はあるものの、国の概算要求内容は、中小企業の抱える課題で最も旬なもの、一番に解決しなければならない問題点を捉えています。

 ですから、その点で大きく変わることはないと考えます。

 来年度の大きな柱は

 1)事業承継

 2)IT活⽤

 3)⼈材不⾜への対応

 の3つです。

 

 いずれも待ったなしの課題です。

 事業承継は、後継者へのスムーズな継承だけでなく、事業統合やM&Aなどを含めて幅広い継承策を講じることで、高齢化する経営者の若返り、新しい事業への展開を進めていこうという対策です。

 

 IT活用は、生産性向上策とともに、グローバル化の中で商業やサービス部門で遅れつつある顧客対応のIT化を進めようというもの。

 

 人材不足への対応は、いわずもがな、幅広い業種・業界に見られる昨今の人手不足対策です。

 

 今後、施策概要などが明らかになってくるはずですので、追っていきます。