令和2年度公募のものづくり・商業・サービス生産性向上促進事業に関する情報

2020.02.25

[補助金活用] 

令和2年度に公募予定の、ものづくり・商業・サービス生産性向上促進事業についての情報提供です。

2月14日まで補助金事務局の公募が実施されており、間もなく事務局が決定すると思われます。

事務局公募要領には、補助金の概要が示されていました。

 

令和2年度は次のような内容になると思われます。

 

(全体)

・常時、中小企業・小規模事業者等からの交付申請を受け付ける

・3ヶ月ごと程度に1回ずつ採択発表を実施

・全体で3万者程度の中小企業・小規模事業者等に対して補助金を交付

・補助金電子申請システム(Jグランツ)を可能な限り活用

・補助事業の事業計画期間を通して、一定の賃金アップを実現すること

・事業計画期間に、給与支給総額を年率平均1.5%以上増加
  (任意適用に取り組む場合は、年率平均1%以上増加)
・事業場内最低賃金(事業場内で最も低い賃金)を地域別最低賃金+30円以上の水準にする
・事業計画期間において、事業者全体の付加価値額を年率平均3%増加
  (付加価値額とは、営業利益、人件費、減価償却費を足したもの。)

・加点要件

   1)成長性加点 :経営革新計画を策定していること(事業計画期間中のもの)

 2)政策加点 : 小規模事業者である または、創業・第二創業である(5年以内)

 4)災害加点 : 

 3)賃上げ加点 :(次のいずれか)

   給与支給総額を年率平均2%又は3%以上増加させる計画

   事業場内最低賃金を地域別最低賃金+60円又は+90円以上の水準にする計画

   社会保険の任意適用を先立って行う(従業員5人以下の個人事業者が社会保険に加入すること)

 

・減点要件

 過去3か年にものづくり補助金を受けている場合には、減点されてる可能性があります。

 これまでに利用したことが無い、あるいは少し前に利用している事業者を優先させて、

 補助金の効果を広く普及させたいという思惑あると考えられます。

 

(各事業概要)

事業概要

補助上限額

(補助下限額)

補助率

1.一般型

新製品・新サービス開発・生産プロセスの改善に必要な設備投資及び試作開発を支援。

1,000万円

(100万円)

中小企業1/2

小規模事業者2/3

 

2.グローバル型

海外事業(海外拠点での活動を含む)の拡大・強化等を目的とした設備投資等の場合、補助上限額を引上げ。

3,000万円

(100万円)

 

中小企業1/2

小規模事業者2/3

3.ビジネスモデル構築型

中小企業30者以上のビジネスモデル構築・事業計画策定のための面的支援プログラムを補助。(例:面的デジタル化支援、デザインキャンプ、ロボット導入FS等)

1 億 円

(100万円)

支援者

定額補助

 

 

※平成30年度補正ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金(実績)
 申請数 20,803件、採択数 9,531件 (採択率)45.8%

 

補助金を検討される方は、早めに経営革新計画作成をすることがプラスに働きます。