経営理念がもたらす「いい風」

2021.02.23

[事業計画・経営計画] 

「人を大切にする会社」の良い空気

 

ベストセラーになった経営書「日本でいちばん大切にしたい会社」の著者である坂本光司先生は

 

「いい企業にはいい風が吹いている」

 

と常々お話されます。

 

いい風が吹く企業とは、職場に流れている空気や風がとても暖かく

そこにいるだけで、心身ともに安らぐ空間になっている場所とのことです。

 

それは、いい風でもあり、良い空気でもあります。

 

 

あるリフォーム会社様で感じた「いい風」

 

先日、武蔵野市にあるリフォーム会社「株式会社グッディーホーム」様を

訪問する機会がありました。

 

同社は2004年に創業されて、4店舗、37名もの社員・スタッフを抱えるリフォーム会社です。

 

約束の時間に訪問し、扉を開けると

店内いた社員の方が、奥から一斉に顔を出してくださって

「お待ちしておりました!」と声をかけてくださいます。

 

仕事の手を止めて、入口のところまで来てくださったのでしょう。

 

しかも、全員が私の訪問のことを知っているのです。

来客の情報が共有されているのです。

 

そして、社長様からいろいろとお話をお伺いしたあと

帰るときも、社員の皆さまがお見送りしてくださいます。

 

私はお客でもないのに

温かなおもてなしの心を感じて、気持ちまで温かくなり帰路につきました。

 

 

いい風は、経営理念がもたらす行動の積み重ね

 

同社の経営理念は、「約束、継続、感謝~必要な時にお役に立てるリフォーム会社~」です。

 

同社の経営理念についての記載を引用させていただくと 

 

「『約束』の積み重ねの先に信頼関係が生まれ、更にそれを『継続』していけば、次の景色が見える。

そして一つ一つの約束、信頼の流れの中には必ず『感謝』の気持ちになる場面と出会います。」とあります。

 

顧客ではない私の訪問でさえ、小さな出会いとして捉えてくださり

約束、信頼、感謝を、社員全員で積み重ねていらっしゃるのだと感じました。

 

経営理念が行動の基盤となって、社員に共有されていて

行動の隅々に、具体的に現れているのです。

 

同社はリピートのお客様が多く

また地域のお客様が、フラッとお店に立ち寄られることも多いそうです。

 

それは経営理念がもたらす「いい風」があるからに違いありません。