POPは”おもてなし” ~ 竹島水族館を見て

2018.09.11

[コンサルの視点から] 

竹島水族館は愛知県蒲郡市にある小さな水族館です。
年間12万人程度だった来訪客が、スタッフの努力によって年間40万人を超えるようになったと話題になっており、その秘訣は何なのだろう、と名古屋への所用のついでに見学に行ってきました。

 

訪問日は休日だったこともあり、炎天下にもかかわらずチケット売り場に長い行列が。
入館後に気づいたのですが、行列にも関わらず、売場窓口を一つしか開かないのは、入場者を制御しているからでした。

 

入館したら、通路に人があふれていて驚きます。
歩くことがまともにできませんし、ほとんど進むことができません。

 

人気の理由は、水族館を身近に楽しめるからです。 

展示された魚について、所せましと、読み込めるPOPが付いているからです。

入場者はそれを読みながら進んでいるので、なかなか動きません。

 

 読み込めるPOPは、飼育員さんなどスタッフが全て手書きしたもので、

 魚の生態を、面白く、わかりやすく解説しています。

 

実は深海魚は食べていたとか、チンアナゴを穴から出してみたら

 意外に長かったとか、こんな水族館の説明は今まで無かったです。

 

手書きなので、なんとなく温かみがあります。

イラストもあまり上手とは言えませんが、丁寧に書かれていることが伝わってきます。

 

 

 

 

 
 

 

特徴的なのは、魚の特徴を「ぎょれきしょ」という書式で魚の特徴を説明したものです。

 

 名前・年齢・出身地(住所)・職歴・資格・性格・

 好きなえさ、嫌いなえさ、

 どんな水槽や環境で暮らしたいか

 お客さんに希望すること

 

という切り口がユニークです。

 

図鑑的な無味無臭な解説ではなくて、スタッフ目線で魚をどう見て、接しているのか、肌感覚で伝わってくる解説です。

 

これは読み込んでしまいますし、親子だったら会話が弾むことでしょう。

「POP」は良く、もう1人の販売員と言います。

しかし、それは売るためのものでなく、お客様の立場で相手をして、

楽しませて、おもてなしをするためのものなのですね。

竹島水族館の手書きPOPは、来ていただいたからには楽しんでいただこうという、

おもてなしの心です。  

「小さくて何もない」水族館が、人が集まる水族館に生まれ変わったのには

学ぶところが大いに有りました。