たった1時間でできる、決算書が読めない経営者のための経営分析ツール

2018.10.29

[事業計画・経営計画] 

 経営分析は専門家がするもの、と思っていませんか?

 

 そんなことはありません!

 

 自社の決算書さえあれば、

 決算書がよくわからなくても、

 社長自身の手で会社の状態を分析できるツールが

 ”無料”で公開されています。

 

 それが、経済産業省が無料で公開している

 「ローカルベンチマーク」(通称:ロカベン)です。

 

 決算書の、指定された部分のデータを入力すると、

 自社の経営指標が自動的に計算されます。

 帝国データバングが保有する10万社のデータを元にして

 同業他社と比較した場合の位置づけや程度がわかります。

 

 また、ロカベンは、数字だけでなく、

 数字には表れない、自社の強みや、経営のよりどころを

 言葉で表現することで、自社の見直しができるツールでもあります。

 

 自社の状態は他社と比べると良いのか、悪いのか。

 

 悪いとしたら、どこが悪いのか。

 

 逆に、良いところはどこなのか。

 

 他社にはない強さは何なのか。

 

 他社と比べるだけでなく、 

 自社の強みを再認識できるツールです。

 

 最近は、ロカベンはIT補助金を申請する際の必須ツールです。

 更に、ロカベンのデータを金融機関への交渉を順調に進めている企業もあります。

 金融機関も信頼するツールです。

 

 ロカベンは決算書がよくわからなくても、 

 最短で1時間程度で経営分析をすることができます。

 

 あなたも自社のポジションを知ってみませんか?

 ぜひロカベンを使ってみてください。

 

 なお、分析した内容から改善したい、より詳しい分析をしてみたい

 というご相談は、ぜひ当オフィスをご利用ください。